2016年06月24日

リボルバー限定リアカンゲーム

C.Q.B Limited がリボルバー限定リアカンゲームを始めるという事で、その第1回目に潜入してきました。

今回登場した特殊ルールは「HEAVEN or HELL」戦です。

1.フィールドに入る前に箱を渡されるが、
 その箱はゲームスタートまで開けてはいけない。
2.その箱を持ってリボルバー内に弾を込めずにフィールドイン
3.フィールド内の好きな場所に潜伏。
4.ゲームスタートと同時に箱の中身を確認。

中にはチームマーカーと弾が入っています。
すぐ隣は敵かもしれないのです。
しかも、弾数は箱により違います。

ゲームスタート!! すかさず箱を開けます。
なんとか、お隣に潜伏している方は同じチームです。

が、しかし

…あれ、弾が1発!?

とりあえず、状況をお隣さんに伝え、前線へ進むことに…。
弾が1発しかない状況ですが……
リボルバー戦の基本ルールとして残弾ゼロはヒットと同様フィールドアウトです。
使ってしまうと即ヒット扱い!

残弾1発ではクリアリングも心許ない!
仲間との連携が生き残る鍵です。
リアカンの独特の緊張感とスリルは、通常ゲームでは味わえない面白さがありますね。  
タグ :CQB Limited
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


Posted by 関西戦士保安協会  at 23:35Comments(0)ゲームレポート

2016年06月19日

リボルバーオンリー戦


室内戦での手に汗握るリアルカウント戦。限られた弾数と正確で確実な射撃を強いられるリボルバー戦。
以前、山梨のAGITOさんで経験したレンコンナイトがとても楽しかった我々は、今回関東&山梨遠征組が来阪するにあたって、再びあの緊張感を味わうべく日曜日のCQB limitedさんに無理を言って、メインフィールドを4時間ほど貸し切らせて頂きました。


実質ゲーム自体は2時間ほどで回したのですが、弾数が極端に少ないゲームなので、それはそれは回転の速い楽しい展開が多かったです。
関西では珍しい「トレジャー戦」ルールも体験。薄暗いフィールドに隠されたいくつかの発光リングを見つけ出し、終了時に多く保持していたチームが勝利というものです。リボルバー戦の緊張感に加え、攻防に多彩な広がりが生まれ新鮮でした。

今後limitedさんでは毎月レンコン戦をされるそうなので、またお世話になることと思います!  
タグ :CQB Limited
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


Posted by 関西戦士保安協会  at 23:00Comments(0)ゲームレポート

2016年06月18日

山梨防衛ガスブロ限定戦


いまサバゲーマーの中で流行っているレザーワッペンやカスタムホルスターを作成している山梨のLeather Item Riseさんを中心としたメンバーに加え、関東一円からも関西に大集合です。

山梨のLeather Item Riseさんは、
本革でパーソナルエンブレムを作成してくれます。

山科からは小型バスを借りてきました。

梅雨時期ということとAGITOでゲームをされている方も多いこともあり、関西最大級の室内フィールド、京都のNESTを貸し切っての迎撃です。


Laylaxさんからもサバゲ部長ノムさんを始め社員さんが二桁参加下さり、Arm'sMagazineのモロさんも加えてとても賑やか!

これもひとえにRiseを運営するご夫妻の日頃の地道なお付き合いの賜物ですね~。

前回ご一緒したCompanyでは我々がホストを務めましたが、今回は遠征組にお任せして、工夫されたゲーム回を楽しみます。
ガスブロ限定でのゲームでしたが、この日は気温32度とかなりの夏日で感動するほど快適にガスブロが作動します。



大阪へ戻ってからは大懇親会。
懇親会も36名参加の大所帯で、大騒ぎ!


疲れた身体も何のそので皆さん夜のミナミへと消えていかれました。  
タグ :NEST
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


Posted by 関西戦士保安協会  at 19:58Comments(0)ゲームレポート

2016年06月04日

女性志願兵・初出撃!

最近は一般的に認知度が上がってきたように感じるサバゲーですが、隊員の友人の女性が興味を持ち、やってみたいとの依頼がありました。彼女は普段からロードバイクに乗るなどアクティブな方。
女性サバゲーマーの普及に力を入れている(注:一部隊員のみ)我が隊は、さっそく精鋭をかき集め、奈良県は天理市にあるLAGGOON CITY(ラグーンシティ)へ出動。ここは教会や市庁舎、そして飲食店、警察署など、実際の町並みをバリケードで再現しているので、初心者にも馴染みやすいフィールドと考えたからです。




女性新兵、生まれて初めて手にするGUNに興味津々です。まずは安全管理や銃口管理を学んだあと、さっそく試射します。
GUNは東京マルイ社の電動P90をセレクト。ブルバップ式のため取り回しも楽で軽いということもあり、初心者からベテランにまで愛される1丁です。
で、撃ってみるも……本人も「わたし思いっきりへっぴり腰やん~。新米兵士とまる分かりやね」と言うほど、腰が引けてます(笑)
実はフェイスガード付きのマスクが邪魔して、ドットサイトが見える位置に構えるとこうなるようです。



PDWは諦めて次はハンドガンのレクチャーです。うん、こちらはなかなか良い具合。と言うわけで、ハンドガン1本でゲームすることに決定です。



午前中は殲滅戦(復活なし)のゲームを何度か遊びましたが、どう動いていいかわからず初々しい感じ。
午後からはチームメンバーの1人とツーマンセルで本格的にフィールド内の動き方を指導することに。「ついてこい!」「技は見て学べ!」の熱い指導(?)の成果か、午後一番のゲームでHitを取ることに成功! その後いきなり開眼し、ゲームでは前へ出る、前へ出る。ハンドガンの機動力を活かし静かに接敵すると孤立した相手メンバーを見つけ静かにHitを奪います。



最後戦績は、なんとデビュー戦にして5つのHitを奪取。しかもすべてハンドガンです!
正直、驚異的です!
帰るころには、すっかりベテラン女兵士の顔になっていました(汗)

ちなみにLAGGOON CITYでのお昼ごはんといえば、近所のステーキ・ガストです。熱々のステーキを食べてタンパク質補給できるのはありがたいです!
ただのんびりしすぎて午後1番のゲームに遅刻してしまいました。すみません…。



  
タグ :LAGGOON CITY
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


Posted by 関西戦士保安協会  at 23:00Comments(0)ゲームレポート

< 2016年06>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アクセスカウンタ
プロフィール
関西戦士保安協会
関西戦士保安協会
社会人を中心としたサバゲーのチームで関西を中心に遊撃します。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人